「失敗せずに、プロのクオリティを」Pallittoがレンタル用ポリッシャーに「P-150N」を選んだ3つの理由。


「道具貸してくれたら、自分で磨きまでするのに。でも借りたところで詳しい方法もわからんしな…」

Pallittoは、友人のそんなささいなボヤきから始まりました。

今日は冒頭に出てきた友人に聞かれた「違う質問」がきっかけの記事です。

なんでこのポリッシャーを選んだの?


これが「違う質問」です。

そしてこの質問の答え=私たちがレンタルポリッシャーとしてP-150Nを選んだ3つの理由を解説していきます。

これを読めば、あなたも「P-150N信者」になってしまうかもしれません。

それではさっそく!

P-150Nを選んだ理由、それは

「はじめての人でも失敗しにくく、プロの仕上がりに近づけられるポリッシャー」だからです。

私たちPallittoは、お伝えしている情報が「DIYコーティング」の方法なので、大前提として”本格的なDIYコーティングがはじめての人でも、安心して施工できる”ようになるための情報・機材・道具・製品を取り扱い、発信するように細心に注意を払っています。

なのでポリッシャー選びも、大前提として「はじめての方でも楽しく、本格的なDIYコーティング=磨きができる」ものを中心にしました。

というのも、僕がもし磨きの全くの素人で、初めてのポリッシャー磨きで失敗してしまったら、もう2度とポリッシャー磨きをしたくないだろうなぁと思うからです。

それでは、私たちがこのP-150Nを「はじめての人でも楽しく、本格的なDIYコーティングができるポリッシャー」だと思った3つの理由を説明していきます。

理由その1:「ダブルアクション」

このダブルアクションとは「面を磨くときのバフの動き方の種類」のことです。

ざっくり説明すると、バスケのピポットのようにバフが移動しながら回転してくれるので、削りすぎや削りムラなどのはじめての方に多い思わぬ失敗を防いでくれる磨き方です。
(ダブルアクションの詳しいに説明は次回に行います)

他にもシングルアクションやギアアクションといった種類もありますので、これも合わせて次回紹介します。

理由その2:「女性でも楽に扱える重量」

「ダブルアクション」の機材は、他アクションの機材に比べて重いのが普通ですが、P-150Nはたった「1.87kg」。
すこし軽いスイカほどの重さしかないので、ずっと使ってても疲れにくく、女性の方でも安心して楽に扱える重量です。

「磨き中に腕が上がらなくなって、よろけた瞬間に愛車にポリッシャーをぶつけてボディを凹ませた!」とかになったら悲惨ですから。

なので、「扱いやすい軽さ」にも注目して選びました。

理由その3:「絶妙な研磨力」

はじめて磨いていると心配なのが「磨きすぎ」ですよね。
慣れるまでは「もういいかな?まだかな?もうちょっと磨いた方がいいかな?」と内心ヒヤヒヤしながら施工されることだと思います。

実際に僕もはじめのことはずっとヒヤヒヤしながら磨いてました。

このP-150Nは「目をはなしたスキに磨きすぎてしまった…」ということもなく、また「ずっとしてるのに全然磨けないじゃないか!!!!」ということもない、ちょうどよい絶妙な研磨力(回転力)をしています。

プロの磨き屋でも、現場で下磨きは時間短縮のために他のポリッシャーを、仕上げ磨きにはP-150Nを使う方も多いくらいです。

また、絶妙な研磨力だkらこそ、「バフ目(磨き跡)を消す」や「小傷を消す」「雨シミ(ウォータースポット)を消す」といったどんな目的にも対応できるポテンシャルを持っています。

まとめ

3つの理由を一言にまとめると、ずばり「はじめての人でもできるだけ失敗せずに、プロの仕上がりに近づけられるポリッシャー」です。

さいごに

いかがでしたか?

これが、私たちPallittoがレンタル用ポリッシャーに「P-150N」を採用した理由です。

他にも良いポリッシャーはたくさんあります。

なので、ぜひ色んなポリッシャーを私たち自身が現場で使ってみて他にもオススメのポリッシャーがあればどんどんレンタル製品として取り揃えていきます。

今日読んでいただいて、あなたもP-150N信者になったのであれば、ぜひPallittoでP-150Nをレンタルして使ってみてくださいね!(レンタル詳細ページはこちら

(ちなみにP-150Nは、最安で28000円でネット購入できます。)

それでは、今日も愛車をパリッとさせていきましょ!

youtubeバナー