Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

プロのカーコーティング手順とワンポイントアドバイス!

今日はいつもと違って、お客様から出張コーティング施工の依頼をいただいたので、依頼者さまに許可を得て記事にしています。

今回は一通りの手順をワンポイントアドバイスを交えながら解説していきます。

なお、今回は施工場所が屋根のないご自宅だったので、日が直接あたらない時間&場所にて施工しました。

詳しい施工方法はPallittoの教科書に載ってますので、まだ手に入れていない方はそちらをご覧ください。

教科書を見ながらこの記事を読むと、より理解が深まります。

Pallittoの教科書ダウンロードはこちら!

今回は納車1週間ということで鉄粉などのこびりつき汚れはなかったので、鉄粉落としは省いています。

ではさっそく!

なお、スマホの場合、この記事の全ての写真はクリックで拡大表示できますので気になる箇所は拡大してご覧ください。

 

まずは現状チェックから

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

納車1週間なので遠目に見ると綺麗ですし目立った傷はありませんが、よく見ると

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

すでに水アカがついていますね。

白なのでかなり目立ってしまいます。

新車なので、いつまでもキレイをキープしたいですよね。

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

コーティングしていないので、水がべちゃーっと流れていきます。

ワンポイント
はじめに傷や汚れを確認、どこを重点的に施工しないといけないかをチェックします。
DIYで愛車を施工する場合は、教科書にあるセルフカウンセリングシートを使って重点箇所を忘れないようにチェックをつけてください。

では水洗い洗車からいきます。

まずは水洗い洗車!

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

基本通り屋根から乗っているだけの汚れを落としていきます。

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

サイドから

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

下までしっかりと水洗いしていきます。

全体が終われば下処理シャンプー洗車です。

 

Pallitto下処理シャンプーを使って洗車!

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

Pallitto下処理シャンプーを使って洗車していきます。

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

詳しい使い方は教科書か、Pallitto下処理シャンプーの詳細ページをご覧ください。

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

まずは基本通り屋根から洗車していき

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと
順番に下に降りてきます。

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと
特にこの季節は花粉が細かいところに詰まっているので、汚れを目で確認しながらスキマも重点的に洗車します。

ワンポイント

春先は細かいスキマに花粉が詰まっていることが多いので、目で確認しながらいつもより重点的に洗車する。

● 窓のスキマ

● ライト・ランプのスキマ など

下処理洗車が終われば、次は空拭きです。

 

実は思ってた以上に空拭きは重要!

先ほども言いましたが、この季節は施工中にも花粉が舞っているので、空拭きは丁寧&スピーディに行います。

それは、特に外での施工ですが、せっかくキレイにしたのにすぐに残った水滴に花粉やゴミがついてしまうからです。

なのでプロはブロワーを使います。(業務用の大きいドライヤー)

ブロワーを持っていなくても大丈夫!

しっかり丁寧に、スピーディを心がけて下に書く細かい場所まで空拭きしてあげてください。

ですが、焦りは禁物です。

タオル傷が入らないように拭きあげてください。

記事ではセームを使っていますが、Pallittoではタオル傷の入りにくいノンスティッチマイクロファーバータオルも拭き上げ用でご用意しています。

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

まずは教科書通り屋根から

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

バイザーの後ろや

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

ゴミや汚れがつかないように窓も全て拭きあげます。

全体をキレイに空拭きしたら、ブロワーで全体的に水滴を飛ばします。

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

水の残りやすいグリルはもちろん

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

ライト類のスキマや

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

フォグ周りも

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

窓のスキマや

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

窓もしっかり

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

ドアレールや

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

ワイパーのスキマも徹底的に!

外側が終わったらつぎは内側です。

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

ドアを開けた後ろの部分や

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

内側はもちろん

Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと Pallitto, Pallitto DIYコーティング, デリカD5,DIY コーティング コツ,DIY コーティング ポイント,パリッと

リア部分も徹底的に水滴を飛ばします。

ここで空拭きのワンポイントアドバイス!

ワンポイント

空拭きする細かい場所

● ドア類を開けて箇所すべて

● 窓のスキマ

● ライト・ランプのスキマ

空拭きが終われば、ポリッシャー磨きです!

今日はここまで!!

次はポリッシャー磨きからまとめまでお送りします!

乞うご期待!

それではみなさん、今日も愛車をパリッとさせていきましょう!