シルビアS15をガラスコーティング!後編

シルビアS15は、はたしてどこまでキレイになるのか?

前回に引き続き、シルビアS15のコーティングです。

現状確認〜拭き上げまでをしました。

前回の記事はこちら

シルビアS15をガラスコーティング!前編

 

今回は養生〜コーティング完了まで解説していきます。

それでは

 

DIYコーティングの成功のポイントは「養生」

どこまでキワを養生で責められるか?

Pallittoが教えるDIYコーティングの方法

がコーティング成功の大きなポイントになってきます。

というのも、養生テープを貼る部分がポリッシャーで磨く場所に対して大きすぎると、その部分は磨くことができなくなるからです。

上の写真を解説すると、ボディ部分には決してテープがかからないようゴムの部分にだけ養生テープを施工していっています。

 

といってもはじめはどこを養生したらいいかわかりませんよね。

僕もはじめはそうでした。

なので、DIYコーティングをはじめてする人や養生が得意ではない人、どこにどんな風に養生していいのかわからない人は、ぜひPallittoのDIYコーティングの教科書をダウンロードしてください。

どんな場所にどのように養生すればいいのかを写真付きで解説しています。

教科書の無料ダウンロードはこちら(約5メガ)

 

養生の続きです。

Pallittoが教えるDIYコーティングの方法

ボディにかからないように慎重にガラスとゴムをカバーしていきます。

Pallittoが教えるDIYコーティングの方法,養生

他の場所もおなじように養生していきます。

Pallittoが教えるDIYコーティングの方法,養生

ガラス部分はマスキングテープで養生していきます。

これは必須ではありませんが、ガラス周りやそのゴム部分にコンパウンドの粉が入り込み、こびりつくのを防ぐための時短で行なっています。

Pallittoが教えるDIYコーティングの方法,養生

ライト周りなど、ポリッシャーで磨いてはいけない場所のキワを丁寧に養生します。

Pallittoが教えるDIYコーティングの方法,養生

全体的に養生できれば、スキマがあいていないかチェックして完了です。

今回養生の詳しい方法は省略しているので、ぜひ教科書をご覧ください。

 

養生が終わればいよいよポリッシャー磨きです。

 

ポリッシャーで徹底的に!

次はいよいよポリッシャー磨きです。

今回もウールバフ(ツヤ出し磨き)とウレタン(仕上げ磨き)の2層磨きで徹底的に磨いていきます。

(でも夢中になりすぎてウール磨きしか写真を取れていません)

Pallittoが教えるDIYコーティングの方法,ポリッシャー磨き

上の写真のポリッシャーは「ビッグフット」といって、中〜上級者向きのポリッシャーです。

今後はPallittoでも、ポリッシャー磨き経験者の人や一度コンパクトポリッシャーでの磨きを経験いただいたお客様にレンタルしていこうと考えています。

それは、手元のダイヤルで調整はできますが、コンパクトに比べて研磨力が強く失敗のリスクが少し上がってしまうからです。

ポリッシャーについての詳しい記事はこちら

「失敗せずに、プロのクオリティを」Pallittoがレンタル用ポリッシャーに「P-150N」を選んだ3つの理由。

【画像アリ】ポリッシャー選びで迷っている人必見!各ポリッシャーアクションの解説&はじめての人にもオススメなのは?

話を戻します。

他のパネルも磨いていきます。

Pallittoが教えるDIYコーティングの方法,ポリッシャー磨き

サイドもしっかり

Pallittoが教えるDIYコーティングの方法,ポリッシャー磨き

 

ポリッシャーの入らない細かい場所は

Pallittoが教えるDIYコーティングの方法,ポリッシャー磨き

いつも通り

Pallittoが教えるDIYコーティングの方法,ポリッシャー磨き

指先にコンパウンドをつけて

Pallittoが教えるDIYコーティングの方法,ポリッシャー磨き

丁寧に磨いていきます。

全体を磨いて、磨き残しのチェックができたら拭き取ります。

Pallittoが教えるDIYコーティングの方法,ポリッシャー磨き

 

次はコーティングです。

 

コーティングは丁寧にスキマなく、かつスピーディに

一度キレイに拭き取っているので、セミウェット施工にするためにボディを霧吹きで湿らせていきます。

Pallittoが教えるDIYコーティングの方法,コーティング施工

Pallittoのガラスコーティング剤「CANdy」はセミウェット施工を取り入れています。

理由が気になるひとは、CANdyの詳細ページで確認ください。

 

コーティング施工はボンネットから

Pallittoが教えるDIYコーティングの方法,コーティング施工 Pallittoが教えるDIYコーティングの方法,コーティング施工

細かい場所もきっちり

Pallittoが教えるDIYコーティングの方法,コーティング施工

塗り残しがないかをチェックしながら

Pallittoが教えるDIYコーティングの方法,コーティング施工

丁寧かつスピーディに塗り込んでいきます。

Pallittoが教えるDIYコーティングの方法,コーティング施工

コーティング剤の乾き待ちが終わったら、丁寧に拭き上げていきます。

タオル傷を入れにくい、ずるい拭き上げの小技はこちらの記事をご覧ください。

タオル傷を減らす、今すぐできるズルイ方法!

拭き上げが終われば、いよいよ完成です。

Pallittoが教えるDIYコーティングの方法,コーティング施工

今回もキレイに仕上げられました!

 

最後に

いかがでしたか?

スポーツタイプはかなり平面で車高が低いものがおおいので、こまめにメンテナンスしてあげてくださいね。

キレイな車は、街中で目を引きますよ!

それでは今日も、愛車をパリッとさせていきましょう!