Pallitto,パリッと,ポリッシャーレンタル 車,ダブルアクション

車磨きでポリッシャーを使おうと思っても、いざ買うとなるとどれがいいか迷いますよね。

今回は、現場のプロが間違いのないポリッシャーを選ぶ3つの条件をお伝えします。

ポリッシャーを買おうと思っている人はぜひ参考にしてくださいね。

初級〜中級者にオススメのポリッシャーはこれだ!

 

初級〜中級者のポリッシャー選びの3つの必須条件

ポリッシャー選びの基準はいろいろありますが、はじめてのポリッシャーなら、ここを押さえておけば間違いない!という3つの条件を解説します。

 

ポリッシャー選びの条件 1:
軽いこと

ポリッシャー おすすめ,pallitto,パリッと,ポリッシャーレンタル,シングルアクション,ギアアクション

ポリッシャー磨きって、かなり体力を使います。

車の周りをグルグルまわりながら、上から下から横からナナメから、いろんな角度でボディの状態や傷を確認しながら磨いていきます。

かもずっと同じ姿勢いることが多いので、ポリッシャーはできるだけ軽いことをオススメします。
疲れて愛車のボディに、ポリッシャーをゴンっと落としたら悲惨ですからね。

目安の重さとしては、2kg以下がオススメです。

 

ポリッシャー選びの条件 2:
回転数が強すぎないこと

ポリッシャー おすすめ,pallitto,パリッと,ポリッシャーレンタル,シングルアクション,ギアアクション

磨きで一番怖いのは、磨きすぎです。
はじめてだと「このくらい磨いたら、これくらいキレイになっているだろう」という感覚があわかりませんよね。

塗装下地が見えるまで磨きすぎる(業界用語で”飛ばす”)と、板金屋さんにもっていくしか修復できません。

なので、研磨力強すぎず慎重に磨けるくらいの回転数のポリッシャーがオススメです。

目安としては1分間に3000〜3300までの回転数のものです。

 

ポリッシャー選びの条件 3:
ダブルアクションであること

ポリッシャー おすすめ,pallitto,パリッと,ポリッシャーレンタル

これも絶対条件です!

ポリッシャーには「シングルアクション」「ギアアクション」「ダブルアクション」の3種類があります。

一般的な考えとしては、

● シングルアクションは上級者向け

● ギアアクションは中級〜上級者向け

● ダブルアクションは初級〜中級者向け

です。

というのも、ダブルアクションに比べてシングルアクション・ギアアクションは研磨力が強く、施工スピード・効率も高いですが、磨いたあとにバフ目(磨き跡)が強くできます。

ポリッシャー おすすめ,pallitto,パリッと,ポリッシャーレンタル

(これがバフ目です。)

このバフ目を消すにはかなりの道具と経験が必要です。

2種類以上のバフ(磨きパット)・粒子の大きさの違うコンパウンドたち。

愛車1〜2台だけを磨こうとする人には、かなりの出費になります。

しかも車の磨きなんて、多くしても1年に1回です。
そのために多くのお金(まともなバフ1つだけで約2,500円〜)をかけて道具を揃えるなんて、とてもできません。

だからこそ、できるだけバフ目ができにくいダブルアクションがおすすめなのです。

 

なぜダブルアクションがおすすめなのか?3つの理由

 

上でも少し説明しましたが、ダブルアクションポリッシャーを初〜中級者の人に強くおすすめする理由が他にあります。

その3つを解説します。

 

ダブルアクションがおすすめの理由1:
バフ目ができにくい

ポリッシャー おすすめ,pallitto,パリッと,ポリッシャーレンタル,シングルアクション,ギアアクション

先ほども解説しましたが、ダブルアクションはバフ目ができにくいポリッシャーです。
バフ目ができにくいということは、道具も少なくすんで磨きすぎの失敗も少ないということです。

 

ダブルアクションがおすすめの理由2:
施工レベル(難易度)が低い

ポリッシャー おすすめ,pallitto,パリッと,ポリッシャーレンタル,シングルアクション,ギアアクション

他に比べて研磨力がマイルドだから、磨きすぎることも少なく、ちょうどいい磨き具合に抑えれます。

あと、磨きの時にボディの熱さ・ボディの温度が上がるスピードがゆっくりなのもダブルアクションの特徴です。

ボディが熱くなると塗装が柔らかくなり、塗装を飛ばす原因になります。

シングルアクションやギアアクションは研磨力が強いため、ボディの温度上昇もダブルアクションにくらべて早いです。

 

ダブルアクションがおすすめの理由3:
研磨方法が繊細

 

シングルアクション、ギアアクションに比べて研磨力が特殊なので、磨き方が一番繊細です。

3種類の研磨方法を解説しながら説明していきます。

シングルアクション・ギアアクション・ダブルアクションの比較

 

シングルアクション
ポリッシャー おすすめ,pallitto,パリッと,ポリッシャーレンタル,シングルアクション

手を動かさない限り、同じところを研磨し続けてくれる動き方です。
研磨力が強く、自分で細かく磨く場所を調整しながら磨かないと塗装が飛びやすいです。

現場のプロは、シングルアクションで大まかに磨いてから他のポリッシャーやバフ・コンパウンドで仕上げていきます。

あと、磨きが単調なので磨きムラができやすいのもデメリットです。

 

ギアアクション
ポリッシャー おすすめ,pallitto,パリッと,ポリッシャーレンタル,シングルアクション,ギアアクション

手を動かさなくても、研磨面が歯型・ギアのように移動しながら研磨してくれる動き方です。

比較的大きな範囲を磨いてくれます。
シングルアクションに比べて研磨力はやや落ちますが、その分研磨面の熱こもりは防いでくれます。

しかし、歯型の形に動くので、ダブルアクションに比べると頂点部分はやはり熱がこもりやすくバフ目が残りやすくなっています。

 

ダブルアクション
ポリッシャー おすすめ,pallitto,パリッと,ポリッシャーレンタル,シングルアクション,ギアアクション

図のように、蓮(ハス)の花のようにバフが動いて磨く研磨方法です。
ギアアクションよりも、より大きく広範囲に動くようになります。

肝心の研磨力はというと、機種にもよりますが、シングルアクションとギアアクションに比べるとたしかに落ちますが、よりじっくり繊細に磨けるようになります。

時間はかかりますが準備する道具も少なく、失敗しにくい。
しかも研磨が繊細だからプロの仕上がりに近づける!

だから私は初心〜中級者の人には、ダブルアクションをオススメします。

 

ダブルアクションの中でも、オススメのポリッシャーは?

ダブルアクションといっても、いろんなメーカーからポリッシャーが発売されています。

しかも1つ3万円以上と、かなりお高い。。
絶対に失敗したくない買い物ですよね。

だからこそ、私が自身を持ってオススメする1台を選びました。

それは

コンパクト P-150N ダブルアクション ポリッシャーです。

Pallitto,パリッと,ポリッシャーレンタル 車,ダブルアクション

私がいろんなポリッシャーを使ってきた中で、これが1番、初心〜中級者の人にオススメできるという3つの理由を説明します!

 

コンパクト社 P-150N ダブルアクションがおすすめな3つの理由

 

P-150Nがオススメな理由1:
本体が最軽量レベルに軽い

ポリッシャー おすすめ,pallitto,パリッと,ポリッシャーレンタル,シングルアクション,ギアアクション

ポリッシャーの重さは機能の多さと複雑さに比例します。

一般的にイチバン軽いのはもちろん、シングルポリッシャー。
その次に軽いのは、ダブルアクションポリッシャーで、イチバン重いのはギアアクションポリッシャーです。

そして、P-150Nは回転数調整の機能がないぶん、他のポリッシャーよりも軽くなっています。

しかも持ち方も上から支えて持つタイプなので、長時間の施工でもカラダへの負担が軽く、楽に磨けます

ちなみに、P-150Nの重量は1.87kgと1.5lのペットボトルくらいなのでかなり軽いです。

 

P-150Nがオススメな理由2:
オービタルアクションを搭載

 

ポリッシャー おすすめ,pallitto,パリッと,ポリッシャーレンタル,シングルアクション,ギアアクション

コンパクトP150-N ダブルアクションには、他のポリッシャーにはない機能が搭載されています。

それは、「オービタルアクション」です。

一般的なダブルアクションの多くは、強く押さえつけると回転はそのままでハスの字の動きが止まってしまいます。

ですが、P150-Nは「オービタルアクション」が搭載されているため強く押さえつけても止まることなく、動き続けてくれます。

なので、磨いている時にもし強く押さえつけてしまっても、磨きすぎを回避してくれるのです。

 

P-150Nがオススメな理由3:
繊細で丁寧、理想的な回転数&研磨力

ポリッシャー おすすめ,pallitto,パリッと,ポリッシャーレンタル,シングルアクション,ギアアクション

P-150Nは1分間に3200回転です。
これは早すぎず遅すぎず、時間がかかりすぎず丁寧に仕上げられるちょうどいい回転数です。

この回転数のおかげで磨きすぎの失敗を抑えられ、プロ並の品質の仕上がりにできます。

 

おすすめのポリッシャー まとめ

 

初級〜中級者のポリッシャー選びの3つの必須条件

● 軽い (2キロ以下)
● 回転数が強すぎない(1分間/3000〜3500の間がベスト
● ダブルアクション

 

ダブルアクションがおすすめな3つの理由

● バフ目ができにくい
● 施工レベル(難易度)が低い
● 研磨方法が繊細

コンパクト P-150N がおすすめな理由

● 本体が最軽量レベルに軽い
● オービタルアクションを搭載
● 繊細で丁寧、理想的な回転数&研磨力

 だから私は、初級〜中級者でポリッシャーを買う人には、必ずコンパクト P-150Nをおすすめしています。

ここまでP-150Nがおすすめなのはわかっても、いざ買うとなると高いですよね。

本体だけでも安くて35,000円以上しますし。

しかも、バフやコンパウンドまで磨くためのフルセットを揃えると50,000円を超えるなんて普通です。

なので、もしポリッシャーで愛車を磨いてみたいと思っている人には、ポリッシャーのレンタルをおすすめしています。

 

ポリッシャーレンタル&コーティングのフルセットで2日間 1,7000円

Pallitto,パリッと,ポリッシャーレンタル 車,ダブルアクション

高い買い物なので、買ってから「なんか違う」「他がいいなぁ」と思うことも避けられます。

買うと35,000円以上するポリッシャーが、半額以下の17,000円でレンタルできます。

磨くのに必要なバフやコンパウンドはもちろん、プロが現場で使って納得した道具と製品が全てセットになっています。

しかもレンタルできるポリッシャーは、おすすめのコンパクト P150-N ダブルアクションです。

今ならポリッシャー磨きフルセットの他に、ガラス系撥水コーティング剤&メンテナンスセットも無料でついてきます。

あと、私が責任を持って監修・制作したカーメンテナンスの教科書(P60〜)も無料プレゼント中です。

この教科書にはポリッシャーのセットの仕方から磨き方、洗車やコーティングの正しい方法や小技まで全て収録しています。

このチャンスにぜひポリッシャー磨きに挑戦してみてください!

 

レンタルページはこちらから

Pallitto,パリッと,ポリッシャーレンタル 車,ダブルアクション

それでは、今日も愛車をパリッとさせていきましょう!

Pallitto,パリッと,ポリッシャーレンタル 車,ダブルアクション